NEWS

2014/06/01

脱・食わず嫌い人生。

いつ頃までだろう?

二十歳になるまでくらいかなぁ〜

ひどい偏食だった。。。

 

魚介類が苦手で、

野菜も嫌いだった。。

炭水化物と肉だけでここまでデカくなったようなもんだね、ホントに。

 

物心ついた頃から初めて食べるものは、

だいたい食べられない・・・

 

食べ物だけじゃなくて、、

とにかく考え方が保守的で、新しいことに対する挑戦を避けていた。

 

まさに、食わず嫌い人生。

 

かなり大げさかもしれないけれど、

そんな食わず嫌い人生から脱却できたひとつの大きなきっかけは、

お酒との出逢いなんです。

 

食べ物に関して、

ワインや日本酒(いわゆる食中酒)に出逢ったことでお酒のある食文化の魅力に気付き、

なんでも美味しくいただくことができるようになったんです。

 

さらに、お酒が生み出す人との繋がり。

今まで出逢ったことがないようないろんな価値観を持った人と出逢い、

刺激を受けて、いろんなことに挑戦しようと思うようになった。

 

そんなぼくが今、「食」に関わるおシゴトをしているなんて、

世の中、本当に何が起こるか分からないもんだ(笑)

 

でも、人より遅れて「食の楽しさ」に気付いたからこそ、

今、「食文化」に携われることが楽しくて仕方ない!

そして、そのきっかけになったお酒ってやっぱり素晴らしい。

 

もし、少しでも「食わず嫌い人生」を送っている人がいたら、

ぼくの経験をお裾分けしてあげたいな。

 

今日の写真は、滋賀県の無農薬野菜畑で収穫したばかりの野菜をそのままかじってるところ。

20年前の自分に見せたら驚くだろうなぁ〜(笑)